即日お金を借りるために知っておきたい10か条

お金を借りて災害が原因で返済が遅れたらどうなるか

民法では、お金を借りることを「金銭消費貸借契約」といい、お金を返せなくなった状態を「債務不履行」といいます。モノを借りて災害のために借主が貸主に返しに行けなかった場合、これは不可抗力による原因のために仕方ない(お咎めない)とされますが、お金の貸し借りの場合はそうなりません。

よく、台風や地震の災害が起こったときに、大手カードローンの公式サイトに「今回の台風で被災された方へ」という特設ページができます。ページを見ると、ありきたりな「災害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。この度の災害で返済が困難になられた方は、ご連絡下さい」という内容です。

しかし決して「災害でお金が返せなくなったのなら、利息の支払いは免除します」ということではありません。「災害に遭ってお金が返せなくなってもお金は返してください」という表現の裏返しなんです。原因は何であれ、お金を返せないということは、民法でいうところの「債務不履行」の状態です。借主が債務不履行になると、貸主は相当期間の期間を定めて「お金を返してください」と催促し、それでも借主がお金を返さない場合は、借主は貸主に対して損害賠償しないといけません。これがいわゆる遅延利息です。

お金を借りるということは、貸主は借主に対して「事故や病気になって動けなくなろうが返してください」と言う権利を持つということです。「気軽にすぐにカードローンでお金を借りて、サクッと返しましょう」という安直な表現をしている紹介サイトがほとんどですが、お金を借りるということはそういうことです。

お金を借りるのが怖いなら

お金を借りるなら金融か友人かどちらがいいか?という記事が、紹介サイトで見受けられます。ぶっちゃけ、どっちでもいいでしょう。「お金を借りて返せなくなったときのリスクは、金融か友人かどちらが重いか?」という自分にとって被害の少ない方を損得で天秤にかけているだけのセコイ考えと言えます。それならお金を借りずに、知恵を借りた方がいいです。お金を稼ぐ知恵もネット上にゴロゴロ転がっています。

怖いという感覚は、行動を左右する重要なバロメーターです。「幸運の女神には前髪しかない」と、どこかに書いてありました。チャンスが来たらすぐに掴めという意味らしいですが、お金を借りるかどうか迷っている、お金を借りるのが怖いと感じているなら借りない方がいいと思います。それは「チャンス」ではなく「ただの金欠」です。

「今がチャンスです」「チャンスを掴みましょう」と言う奴等は詐欺師です。詐欺師は「チャンスの仮面」を被ってやって来ます。一方、本当のチャンスは「リスクの仮面」を被ってやって来ます。そのリスクを負えるかどうかを考えているときが「怖い」というならGOサインです。ただ、お金を借りるのが怖いというなら怖いに従って止めておくのが賢明です。

お金を借りる時は金利が安い方がお得?

このお題はバカげています。消費のためにお金を借りること自体がお得なワケありません。バカスカ借入して成功を収めている実業家なんかは「借金は悪ではない。借りることによって達成できる事業がある。どんどん借りろ」と言いますが、消費者金融で借りようとしている金欠ごときとワケが違います。まぁ、本当に消費者金融で借りるなら私だったら借りられる最大額を借りて、イチかバチかビットコインかFXをやります。チマチマやっていたら時間だけが過ぎていきます。

「銀行カードローンは金利が安くお得です」なんてアホな紹介文を見て比較しているアホな輩がいるから金融会社が儲かるんです。スーパーで少しでも安い日用品を買い求めるのと同じレベルのくだらない検討なので、金利が安い方がお得?なんてチマチマ考えているなら借りずに稼ぐ方法を考えた方がよっぽど人生プラスになると思います。

キャバ嬢など水商売の方はお金を借りられるか?

そんなこと、審査に申込んでみないと分かりません。チンタラそんなことを調べているヒマがあったら、とっとと審査に申込めばいい。基本、カードローン会社はお金を貸すことで儲けているので、お金を貸したくてウズウズしています。担保が無い代わりに金利が高くなっており、この金利が担保です。誰が担保を負担しているのか。借りている全員です。つまり、あなたがお金を借りて支払う金利は、他の人のための担保となっているワケです。

キャバ嬢でも審査に通ればお金を借りられるのはバッタでも理解できます。理解できないのは、「キャバ嬢など水商売の方はお金を借りられるか?」とチマチマ検索して調べているカスだけです。

お金を借りることについての教育

日本の義務教育では、お金を借りることや金融一般の知識を教えてくれません。コツコツと貯金して良い給料がもらえる会社に勤めることが一般的なゴールとされていますよね。やりたいことがあれば義務教育が終われば高校なんて行かずにさっさとやれば良いと思います。ただ、死ぬまでずっとお金を稼がないといけません。

部活を頑張ってスポーツ推薦で高校、大学に進学し、それなりにモテてスター気分も味わった。でも大学を出た途端、普通の会社で働くことに。スポーツで培った根性は備わっていますが、スポーツ以外に教養が全くない。結局は会社を辞めて、親の後を継いで自営業。

金融の教育を受けていれば、労働集約の仕事の他に、知識集約の仕事を選択することもできます。お金を借りるということへの意識も全然違ってくると思いますが、今の日本の教育はできていません。道徳を基本にした教育が基本ですが、大人の道徳が崩れているのでどうしようもありません。

お金を借りるのはカードローン、住宅ローン、事業資金など色々な種類がありますが、結局は借金です。今だけの物欲を満たすための借入なのか、将来のための投資なのか。お金を借りることの教育は義務教育に必要だと思います。

無職でもお金が借りられるか

無職にも2種類あると思います。1つ目は本当に無職。バイトも派遣も日雇いも何もしていない、引きこもりやニートです。親の脛をかじらないと生きていけないカスです。こういう人種は無職になるべくしてなったので、誰にも文句が言えません。もしその境遇を人のせいにしているならカス未満です。

2つ目は、バイト、派遣、日雇いなどの仕事をしているにも関わらず、正社員以外の仕事を無職だと思い込んでいる場合です。カードローンの審査には「安定した収入があること」が条件となっていますが、これらはその条件を満たします。たとえ正社員であっても辞めるヤツは辞めるし、不要なヤツはクビになっていきます。それに、すぐに辞められるバイトの方が精神衛生は良いとも言えます。また次のバイトを探せばいいだけですし。

前者のカスが「無職借入」「無職でも貸してくれる金融」なんて検索しているのと、後者のソフトカスが「無職カードローン」「無職借入」と検索しているのとでは検索結果は同じですが、貸金業者に借りられるかどうかが違ってきますよね。ソフト闇金なんてあるみたいですが、貸金業者ではないでしょう。

無職でもお金が借りられるかといえば、どちらにしても借りられます。が、結果はご自身で判断する必要があります。

キャッシングで即日お金を借りるには

すぐにでもお金が必要な時にとても頼りになるものが、キャッシングです。
そのキャッシングにもいろいろな種類があり、即日で借入れができるスピーディなキャッシングを、即日のキャッシングと呼んでいます。

この即日キャッシングは、即日で借入れができるように、通常時間がそれなりにかかるお金を借りる審査も、1分以内で審査が完了するものになっているものが多いです。
また、即日のキャッシングは申込み自体も、自宅に居ながらにして、インターネットや電話などで申込みができるものがとても便利です。

このような即日のお金を借りるスピーディな審査の中で、最も審査が早い、と言われている即日のお金を借りるサービスは、「プロミス」です。

このプロミスの即日のお金を借りるサービスでは、借入れの限度額は50万、審査時間はなんと約1秒程でできてしまうので、忙しい人にとても便利なサービスです。
また「三菱東京UFJ銀行グループ」のDCキャッシュワンの即日キャッシングサービスは、借入れ限度額が300万、審査時間は最短で3秒と、こちらもとてもスピーディな審査になっていて便利です。
「三井住友銀行グループ」のアットローンは限度額が300万で、審査時間は最短で5秒、振込まで最短で30分です。
このように、即日のキャッシングサービスは、時間のない忙しい人に便利なサービスとなっています。

カードでキャッシングすることとは

カードでキャッシング(借入)を行うことを、カードキャッシングと呼んでいます。
クレジットカードを使って、商品などを購入する事はカードショッピングです。
カードキャッシングは、カードで現金を借り入れることを指します。

このカードキャッシングでは、通常は限度額が100万円~150万円で、金利の利息も以前ほど高くはないみたいです。
このカードお金を借りる便利な点は、カードの会社と提携している銀行やATMなどでもカードでのキャッシングが利用できるということです。

また、このカードでのキャッシングは、銀行系や信販系、流通会社系などの多くのクレジットカードの会社にて利用することができるようになっています。
カードお金を借りる場合の融資利率は、銀行系で27.8%~29.2%、信販系で13.27%~26.28%、流通会社系で14.6%~25.6%くらいが一般的です。

さて、カードお金を借りる審査のことですが、消費者金融と銀行系などのカードローンでは、即日審査のところがほとんどです。
ところが、このカードお金を借りる場合には、審査だけで最短で4日ほどかかるところもあるようです。
またカードキャッシングでは、即日でカードを発行してくれるところもありますが、1,2週間ほどかかるところまであるようです。

お金を借りる時は比較することが大事

手軽で便利に、資金が必要なその時に借入れができる、キャッシング。
キャッシングを利用する時には、どのキャッシング会社が自分に合っているのかなどをきちんと比較して、決める必要があります。

では、お金を借りる比較をする時の大事なポイントはどのような事でしょう。

例えば、色々な複数のキャッシング会社で借り入れをしている人のお金を借りる比較ポイントはというと、キャッシング会社によっては、他社での借り入れ件数によっては審査に通らない場合もあるということを覚えておくことです。
自分の現在のキャッシング利用歴とキャッシング会社の条件をよく照らし合わせて、お金を借りる比較をすることが重要です。

次のお金を借りる比較ポイントは、自分がどのような用途で借り入れを行うのかを考えるということです。
ちょっとしたお小遣い程度で構わないのに、ビジネス系のキャッシングで借入れをするのはおかしいですよね。
キャッシングをよく比較して自分に合ったキャッシングを選びましょう。

また、お金を借りる比較ポイントは、あなたが学生であるか女性であるかなどでも変わってくることとなります。
お金を借りる中には、学生キャッシングや女性キャッシングなどもありますので、そのようなキャッシングと普通のキャッシングをよく比較して、自分に有利なキャッシングを選ぶことです。

カードローンのキャッシング

カードローンのキャッシングとは、前もって契約して決めた融資限度額の範囲で、磁気付きのキャッシングカードを使って、提携のCD機やATMなどから現金を引き出すことができることをカードローンのキャッシングといいます。
カードローンのキャッシングは、キャッシングカード一枚で簡単に使える利便性があるので、計画性を持って、お金を借りる使い過ぎや借りすぎに注意をすることが大事です。

カードローンのキャッシングを利用するメリットは、金利が消費者金融に比べて、安いところがほとんどであるということです。
キャッシングをする時には、金利が安いところで借入れをするほうがお得ですよね。
カードローンのお金を借りるデメリットはというと、無担保で保証人を不要としないところが多い為、フリーターや無職などの定職について居ない人は、審査に通りにくいというところです。

しかし、銀行のカードローンは審査が厳しいですが、消費者金融のカードローン(キャッシング)では、最近では審査が甘くなっているところもあるそうです。
このようなカードローンのキャッシングですが、女性専用のカードローンや、ビジネスマン向けカードローンなど色々な種類のものもあるので、ぴったりのカードローンがきっと見つかることでしょう。

ネットキャッシング

インターネット上から、簡単にお金を借りる融資の申込みなどをすることができることを、ネットキャッシングと呼びます。
昔は、消費者金融の申込みと言ったら、窓口などでの直接の対面方式しかありませんでしたが、今では、自動契約機はもちろん電話などでも、簡単に申込みをすることができるようになりました。

このネットお金を借りる場合も、簡単に、他の人に知られることなくお金を借りる申込みができます。
ネットキャッシングを使うことのメリットも、まずはその「だれにも知られることなく申込みができる」ことにあると言えます。

また、ネットキャッシングを利用することができる業者のサイト上では、いろいろなサービスが提供されている事が多いのです。

例えば、その業者の実質年率の情報や、いろいろなQ&Aなど、ネットキャッシングを利用しようと考えている人にとって大切な情報が載っているので、とても便利です。

また、自宅でひとりでいろいろな借入のシミュレーションなどができるようにネットお金を借りる返済シミュレーションや、無記名でのネットお金を借りる融資ができるかどうかの審査ができるサービスなども、業者によっては用意しています。
ネットキャッシングに申込みをする際の注意点としては、個人情報の漏えいを防止するため、セキュリティのきっちりしたサイトで申込むようにすることも大切です。

消費者金融のキャッシング

消費者金融でお金を借入れする事を、「キャッシング」といいます。

特に、無担保で使途が自由なお金を借入れすることを、金融業者ではキャッシングと呼んでいます。
この、消費者金融のお金を借りる返済方法は、リボ払いが採用されていますので、銀行のカードローンとあまり変わらないものだといえます。
そして消費者金融のお金を借りる借入れる事ができる限度額は、一般的に50万円くらいです。
消費者金融のお金を借りる審査時間がとても短いことや、貸し倒れる確率が高いせいです。

消費者金融のキャッシングですが、消費者金融のキャッシング審査は、即日で終わることがほとんどです。
お金を借りるカードの発行も、即日に発行されるところが多いようです。

早急にお金が必要な人や、審査やカードの発行の時間が短いほうが良いと思っている人には、消費者金融でのキャッシングが人気です。
消費者金融でのお金を借りる良いところは、なんといっても借入が気軽にできるところです。

審査の時間が短い上、ATMで簡単に降ろすことができるのがメリットです。
しかし、きちんと消費者金融でのお金を借りる際には、計画性を持って借り入れをすることも必要です。

審査が甘いという謳い文句には注意が必要

キャッシングを利用する際には、申込みをしてそのキャッシング会社の審査を通らなければなりません。

しかし、アルバイトやフリーターなどあまり収入が多くない人や、自営業や自由業の人、さらに色々なキャッシング会社からの複数の借入れで返済の延滞があったりしてお金を借りる審査になかなか通らないことがあります。
そんな時に味方となるのが、「審査が甘いキャッシング会社」の情報です。

審査が甘いキャッシング会社としてランキングで上位にくるのが、SIBイコールクレジット、信販系のOMCカード、それにスタッフィの3社です。
これらのキャッシング会社は非常に審査が甘いお金を借りるため、これで審査に通らない場合は他社のキャッシング会社の審査はさらに厳しいとも言われています。

また、女性専用のキャッシング会社の中で、審査が甘いキャッシングと言われているものはオリーブのキャッシングです。
何故これらの会社が審査が甘いキャッシングと呼ばれているのかというと、他社で借入れを頻繁にしている人は審査に通りにくいということがあるからです。
しかし、上記にあげたキャッシング会社は、審査が甘いので他社の借入が5~7件あっても審査に通ることが多いです。
また、上記にあげた審査が甘いキャッシング会社は、審査が甘いだけではなく、融資も即日可ととてもスピーディで便利です。

安心なキャッシング

キャッシングは、上手に利用すればとても人生を豊かにしてくれる便利な融資サービスです。

ところが、無計画にキャッシングを利用してしまったり、間違ってヤミ金などで借りてしまうととても大変な事になってしまうこともあります。
そのような事がないように、キャッシングを利用する際には、安心のできるキャッシングサービスをきちんと選ぶことが必要です。

では、そのようなキャッシングであれば安心だといえるのでしょうか。

安心なキャッシング、それはやはり知名度の高いキャッシング会社を選ぶことも大事です。
また、様々なお金を借りる比較サイトなどを利用して、金利も比較的安めのキャッシングを選ぶことも、安心なキャッシング利用のための重要なポイントです。
また、安心してキャッシングを有効に賢く利用するためには、自分の返済能力を考えた上で、キャッシングを利用するということです。
無理をせずに、少ない額を借りて延滞の無いようにすぐに返すことが安心なキャッシング利用のポイントです。
例え、キャッシングで借入ができる限度額が余っていても、必要のない無駄なキャッシングなどはせずに計画を立ててキャッシングすることが安心なお金を借りるやりかたでしょう。

便利なキャッシング

キャッシングをうまく便利に使いこなす為には、ちょっとした工夫が必要です。

キャッシングとは、急な出費などの時に利用する便利なものですので、そのいざという時にすぐに利用できるようにしておくことがキャッシングを便利に使う為に大切なことだといえます。
キャッシングを利用するときに使うキャッシングカードは、入会費や年会費が無料のところがほとんどです。

そのため、今すぐにキャッシングを利用する予定がなくても、予めカードを作っておくことによっていざというときに便利です。
キャッシングを利用する際の審査には、勤め先の情報や年収などが関わってくる事が多いです。

便利なキャッシング利用のためには、転職する予定がある場合などにはキャッシングカードは、作れるうちに作ってしまいましょう。
勤務先がハッキリしていて、収入がきちんと安定しているうちは、お金を借りる金利も比較的低めで設定されるからです。

キャッシングを便利に使うためには、夜間や休日などに資金が必要になった時に、ATMで貯金からおろすのではなく、手数料が無料のお金を借りるほうがお得かもしれないと考える事も工夫のひとつです。
キャッシングカードは、銀行や郵便局やコンビニのCD機やATMと提携していることがほとんどなので、手数料が無料であるというお金を借りる特性を活かして賢く使うと、とても便利です。